ヘアケア

ヘアバースサプリメントの成分は?白髪や薄毛に効果があるの?

2020年9月27日

ヘアバース3本目

この記事では

ポイント

・ ヘアバースサプリメントの成分

を主にご紹介していきます。

 

薄毛や白髪でお悩みの方に人気が出てきている育毛サプリメント「ヘアバース」。

私も抜け毛が気になってきたので買おうか悩んでいますが、どんな成分が配合されているのか気になったので調査してみました!

ヘアバースサプリメントを検討されている方は一緒に見ていきましょう♪

追記:ヘアバースの購入レビューはこちらです♪

\ 初回限定66%OFF

ヘアバースはこちらをクリック

実感できなければ「全額返金」保証付き

 

ヘアバースサプリメントの成分

ヘアバースサプリメントの特長

ヘアバースサプリメントってどんあ成分が配合されてるの?
今回は公式サイトから調査してみたのでご紹介します!
アドバイザー

ビタミンB1

ビタミンB1は細胞の代謝や活動のためのエネルギー生産に必要な栄養素です。

不足すると、細胞の活動のためのエネルギー生産が滞ってしまいます。毛髪は体の中で最も細胞分裂が活発でエネルギーを消費するため、十分なビタミンB1が必要と言われています。

ヘアーバースサプリは、このビタミンB1がじつに豊富に含まれています。従来の同様のサプリでは、ビタミンB1の容量が比較的多いものでも、1日あたり約40mgと設計されています。一方、ヘアーバースサプリではその4倍、170mg以上となります。

ちなみに厚生労働省が発表しているビタミンB1の1日の必要摂取量は、女性ではたったの1・1mgであり、このサプリには170倍以上も含まれていることになります。薄毛の状態から髪を育てていくには、一見、過剰に思えるほどの量を摂取しなければなりません。

また、ビタミンB1は水溶性ですから、摂取量が過剰だと体が認識すれば、尿として排出されます。サプリを飲んでもビタミンB1の過剰摂取による副作用は起こりませんので、安心して摂取していただけます。

 

パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

パントテン酸カルシウムはビタミンB群の一種で、毛髪だけでなく皮膚などの細胞の成長や代謝に不可欠な成分です。

他のビタミンと同様、体内でつくり出すことができないため、食物から摂取するか、サプリでとるしかありません。

ヘアーバースサプリは、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)が170㎎以上含まれております。

女性が1日に必要なパントテン酸カルシウムの量は6㎎程度と言われていますので、ヘアーバースサプリによって1日に最低必要量の30倍以上が補えることになります。

多くのサプリでは1日あたりの服用量に30~40㎎ほど含まれておりますが、いかにヘアーバースサプリによってパントテン酸カルシウムが多く摂取できるかがわかります。

食事でこれだけの量を摂取することは難しく、1日に多くのパントテン酸カルシウムを摂取できるヘアーバースサプリを摂取すれば、圧倒的な効果が出ることがおわかりいただけると思います。

パントテン酸カルシウムはビタミンB群の一種で、細胞の成長や代謝にも欠かせないほか、マウス実験により白髪にも効果があることが証明されております。

ヘアーバースサプリ愛用者の多くのかたからも、薄毛だけではなく、白髪も減ったという声を数多くいただております。

ケラチン

ケラチンは髪を構成し、髪の毛の元となる、つまり髪の成長には絶対必要なタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸という構成成分の組み合わせで構成されますが、ケラチンは主にL-シスチンから構成されます。

タンパク質の一種ですから、肉類や大豆から賄うことはできますが、サプリであればより効率よく摂取することができます。

 

L-シスチン

L-シスチンはケラチン同様、髪を構成し、髪の元となるアミノ酸です。髪の毛はほとんどケラチンとシテチンできています。

L-シスチンは必須アミノ酸であるL-システインが2分子結合したアミノ酸です。

そのためL-シスチンもほぼ必須アミノ酸とも言えますが、必須アミノ酸は体内で合成することはできず、食事またはサプリから摂取する必要があります。

L-シスチンはアルコールやたばこの摂取によって大量に消費されるのも特徴で、そのため飲酒・喫煙が薄毛の原因のひとつと考えられています。

また、同じく薄毛の原因とされている活性酸素に対して抗酸化作用があり、この点においても髪にとって重要なアミノ酸です。

 

乾燥酵母

乾燥酵母にはさまざまな種類のアミノ酸とビタミンが含まれていますが、最大の特長は、多くの種類のリン・カリウム・銅などの微量元素(ミネラル)が含まれていることです。

発毛にはケラチン、L-シスチンなどのタンパク質だけではなく、豊富なミネラル、ビタミンが必要なのです。

 

葉酸(ビタミンM)

葉酸は細胞分裂に不可欠なビタミンの一種です。

妊娠した女性は、胎児の活発な細胞分裂に対応するため、1日に400μgを必ず摂取するようすすめられます。

髪の毛母細胞も細胞分裂のスピードがはやいため、活発に細胞分裂を繰り返して髪が成長するには、葉酸が欠かせません。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは髪の持続的な成長のために最も重要である、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しており、似た働きをします。

毛周期を整えるために大切なIGF-1という細胞成長因子の分泌を促し、育毛に効果を発揮します。

また、大豆イソフラボンに含まれるゲニステインが、加齢による薄毛の原因とされる活性酸素に対して、強力な抗酸化作用を持ちます。

豆腐や納豆などから摂取できる大豆イソフラボンの推奨摂取量は1日に75mg。

しかし、日本人は平均わずか30mgしかとっていません。

そこで食事からとりきれない分はサプリを活用して摂取することがおすすめです。

 

亜鉛

亜鉛は細胞の新陳代謝にかかわる200種類以上もの酵素を構成する重要な成分です。

タンパク質の合成や細胞分裂を助ける効果を持ち、抗酸化作用もある必要不可欠なミネラルは、エストロゲンを含む性ホルモンの生成にも関与しています。

また、FAGAの原因物質をされているDHTの産生に関与する、5-αリダクターゼを抑制する効果もあると言われています。この亜鉛は食物で十分摂取するのは難しい面があるため、サプリでとるのが有効です。

さらに亜鉛は微量ミネラルの中では最も欠乏しやすい栄養素です。

特に亜鉛の必要量が多い成長期の子どもや、偏った食事をしているダイエット中の人、食事の摂取量が足りない高齢者などに不足しがちなので、サプリの利用は効果的です。また、お酒をよく飲む人も意識して亜鉛を摂取する必要があります。

※出典:船橋中央クリニック、青山セレスクリニック公式サイトより

>> 今なら初回66%OFF!ヘアバース公式サイトはここをクリック

 

ヘアバースサプリメント開発者は誰?

ヘアバース医師

医療法人社団セレス 理事長 元神賢太
著書:専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神賢太先生はご自身も薄毛で悩まれた経験もお持ちの医師で、自らヘアバースサプリメントを開発されています。

元神賢太先生

ご自身でヘアバースの効果を実感されていますね!

 

ヘアバースサプリメントの成分は?白髪や薄毛に効果があるの?まとめ

今回はヘアバースサプリメントの成分について調査してみました。

ヘアバースサプリメントには薄毛、白髪を解消する成分が配合されていますが、特にパントテン酸カルシウムが良さそうですね!

私も買って試してみようと思います♪

 

\ 初回限定66%OFF

ヘアバースはこちらをクリック

実感できなければ「全額返金」保証付き

あわせて読みたい

ヘアバースサプリメントは効果なし?口コミ調査と購入レビューあり

この記事では ポイント ・ヘアバースサプリメントは効果なし?(口コミ) ・ヘアバースサプリメントのレビュー ・ヘアバース ...

続きを見る

ヘアバース効果口コミ
ヘアバースサプリメントは薄毛に効果あり?医師の体験談を元に開発

この記事では ポイント ・ヘアーバースサプリメントの効果 ・ヘアーバースサプリメントを開発した医師の体験談 を主にご紹介 ...

続きを見る

ヘアバース3本目
ヘアバースサプリメントは副作用がある?解約方法と合わせて調査!

この記事では ポイント ・ヘアーバースサプリメントの副作用 ・ヘアーバースサプリメントの解約方法 を主にご紹介していきま ...

続きを見る

-ヘアケア

© 2020 まりの美容大好きブログ